情報
2015/07/01

東京のDJ 20人が選ぶラーメン店

hanna
ハンナミュージック|クラシック、映画音楽、ゲーム音楽、最新のミュージックシーンなどの「musicの話題」をお届けします。

ダンスフロアを沸かし続けるあの人の、舌を打つ一杯

クラブ帰りはもちろんのこと、深夜についつい一杯食べたくなるのがラーメン。東京には名店が散らばり、選択肢が無数にある。そこで今回、クラブシーンの第一線で活躍するDJたちに、こだわりの一杯を選盤してもらった。普段は紹介されることのない、DJたちがこよなく愛するラーメンとは?膨大な情報量 をディグる術に長けた彼らが、盤を掘るがごとく選んだ珠玉のラーメン店をコメントとともに紹介する。(DJ名:五十音/ABC順)

川辺ヒロシ
池尻大橋:鶏舎

30代の10年間、ラーメンを食べずに過ごした。
味覚の変化もあったし、世のラーメンブームにも辟易していた。
久々に食べだしたきっかけは、近くのスタジオ帰りに、街の中華屋然としたこの店に連れて行かれてから。
活気あふれる家族経営の昔ながらの中華屋の鶏ソバ。膝を打つ丁度いい美味さ。
雰囲気が良いし味も良い。
こういう店がいつまでも東京にあって欲しいと思う。
全品丁度いい。
鶏舎の詳しい情報はこちら

川辺ヒロシ
TOKYO No.1 SOUL SETの屋台骨を支えるトラックメイカーであり、そのバックグラウンドに不可欠なクラブDJとしての長いキャリアの中で数多くの伝説的なパーティーのフロアを沸かせてきた。藤原ヒロシとのHIROSHI Ⅱ HIROSHI、クボタタケシとのSONS OF NICE YOUNG(1996年)、DJ KENT(FORCE OF NATURE)、笹沼位吉(SLY MONGOOSE)とのGALARUDEや、石野卓球とのユニット、InKとしても活動中。


クボタタケシ
学芸大学:大鴻運天天酒楼

ラーメン店ではなくて本格中華店の担々麺。夜は高いので昼しか行けないけど、とにかくスープが美味、最高。麺はちょっと柔らかめ。時々無性に食べたくなります。
大鴻運天天酒楼の詳しい情報はこちら

クボタタケシ
ジャンルレス、タイムレス、かつボーダーレス、もっと言えばホームレスな何にも属さない印象的な選曲と個性的なミックスを収録した幾つかの魅力的なタイトルを公式、非公式にリリース。異色のヒップホップグループ・キミドリでの活動も知られている。2015年5月よりorgan barにて『夜来香-イエ ライ シャン-』(第1金曜日)にスタート。


食品まつり a.k.a foodman
横浜市青葉区:ラーメンおがわ

オーソドックスな感じなのにふと思い出して食べたくなる味です。刺激的なラーメンに食べ疲れた方に、超絶オススメのアンビエント/ドローン系ラーメン。これを書いてる間にもまた食べたくなってきました。
ラーメンおがわの詳しい情報はこちら

食品まつり a.k.a foodman
名古屋出身。横浜在住。トラックメイカー/DJ/絵描き https://soundcloud.com/shokuhin-maturi


真鍋大度
恵比寿:すずらん

友人たちの間で噂の恵比寿すずらんに行ってみた。麺は上質な素材で作られていることが瞬時に分かる滑らかな食感、一方でスープや具 材は新作も含めてかなりバラエティ豊か。今回は蒸し鶏と青菜のらーめんを食してみた。知ったかぶりして味付け卵を頼んでみたが、スープがかき玉になっていたため卵x卵になってしまったのは完全に失敗だった。しかし、そんなことも気にならないほど蒸し鶏もスープも味わい深く堪能できた。現在No.1ラーメン店。次は涎鶏の冷やし麺にチャレンジ予定。
すずらん 恵比寿店の詳しい情報はこちら

真鍋大度
1976年生まれ。2006年にウェブからインタラクティブデザインまで幅広いメディアをカバーするデザインファーム『rhizomatiks』を立ち上 げ、ジャンルやフィールドを問わずプログラミングを駆使して様々なプロジェクトに参加。ars electronica、eyeo festival、resonate、OFFF、FITC、Transmediale、EXIT、Scopitone Festivalを始めとした海外のフェスティバルにアーティスト、スピーカーとして参加。

Carpainter
渋谷:吉虎

渋谷WWW近くの普段あまり通らない場所にある、鶏白湯つけ麺が代表的な店です。個人的に好みの太麺で、具も多くかなりの満足感です。そしてなんといっても小盛、並盛、中盛、大盛、特盛(特盛が麺3玉分)が同一料金で、レーベルの仲間とは勝手に通称「無限つけ麺」と呼んでいます。ラジオの収録帰りに初めて食べたのですが、どうしてもまた行きたくて、わざわざ「特盛 つけ麺 渋谷同一料金」で検索して探したのを覚えています。
吉虎の詳しい情報はこちら

Carpainter
横浜在住のTaimei Kawaiによるソロプロジェクト。UK Garage/2step/HouseをFUTUREという感覚で解釈した楽曲は国内外問わず高い評価を得ておりこれまで自身の主宰するレーベル「TREKKIE TRAX」や「Maltine Records」よりEPをデジタルリリース。また2015年4月には自身のレーベルよりレコード形態でのEPをリリースするなど、積極的な制作活動を行っている。


DJ春太郎(NATURE DANGER GANG)
つけ麺TETSU(都内各所)

豚骨魚介なのに、しつこさが少なく飽きのこない味、2ヶ月間で2日にいっぺん通ってしまい、特盛も無料な為、「今日は控えめに普通で」と言った直後、「すいません……。やっぱり特盛で!」と言ってしまう始末。ブクブク太った春太郎は食生活を見直す事に……。「いつもありがとうございます」と爽やかに挨拶してくれる店員にも好感を持っている。野村も大ファン、曰く「もし死んだら棺桶の中にTETSUの割りスープを注いでほしい」と言うほどである。よく二人で腹一杯になっていると、mmeegg!!に言われる。「あ~!また行ってきたんでしょ~? つけ麺TOSHI!」二人「グフッwwwTETSUです!」
つけ麺TETSUの詳しい情報はこちら

DJ春太郎(NATURE DANGER GANG)
NATURE DANGER GANGメンバー。2013年結成。同5月に新宿LOFTで行われた『SHIN-JUKE』で初ライブをし、十代暴動社の長州ちからに「良いところが一つもない」と絶賛され注目を集める。その後『オモチレコード』より、1st album『THE BEST OF NDG NONSTOP MEGA MIX』をリリース。


DJ EMMA
南青山:かおたんラーメン

ここはみなさんもよくご存知ですが、クラブ帰りのお客さんで常に混雑しており、自分もよく行っていたのでこのアンケートを頂いた時、ここしか浮かびませんでした。

かおたんラーメンの詳しい情報はこちら

DJ EMMA
1985年よりDJを始め、東京各所のナイトクラブで数々のパーティーを成功させる。94年にGOLDと契約。クローズするまでレジデンスとして活躍、そのアグレッシブなプレイによって土曜日をまとめあげ、東京中の遊び人(ナイトリスト)たちに決定的な存在感を知らしめた。常にダンスフロアとHOUSE MUSICを中心に新しい音楽を最高の技術でプレイし続けるスタイルはKING OF HOUSEと呼ばれる。2015年現在、キャリア30周年を迎え、新たなレジデンツパーティー『ACID CITY』@Airを中心にDJおよびプロデューサーとして精力的に活躍中。

DJ KENSEI
松陰神社前:一心

世田谷通りの地元の老舗ラーメン店。20年以上通ってます。しょうゆととんこつベース。足し算も引き算もないシンプルな味なのでい つでもふらっと行ける感じ。麺の太さやあっさり、こってりを選べるので自分の好みの味付けに調整出来るのがいい。激辛高菜のトッピングも無料です。夜3時まで開いているが最近は深夜まで常に人がいる。夜遅くまで作業してる時は足繁く通っています。ラーメンもいいけどツマミチャーシューとネギ丼が実は美味いです。
一心の詳しい情報はこちら

DJ KENSEI(Coffee & Cigarettes Band, oma n sei, 茶澤音學館)
80年代半ばよりDJをはじめる。都内のクラブでオープニングDJやレジデントDJを経験する。後にミックスCD/アナログ/テープを多数リリースし、DJ/プロデューサー/リミキサー/レコーディング・アーティストとしても活動している。http://djkensei.com


DJ NORI
三軒茶屋:サンチャ フカミ

徳島ラーメンのお店。麺も好きで、お肉の味付けが甘めでご飯に良く合います。限定の鳥チャーシューがおすすめです。徳島出身のお店の方もとても感じが良いお気に入りのお店です。

サンチャ フカミの詳しい情報はこちら
DJ NORI
86年に渡米、LARRY LEVANと共にプレイする経験を持つ。映画『MAESTRO』では、世界のダンスミュージック・シーンに最も影響を与えたパイオニアとして出演。06年、初のミックス・アルバム『LOFT MIX』をリリース。09年、彼のキャリア集大成ともいえる『DJ NORI 30TH ANNIVERSARY』を開催し、前人未到の30時間ロングセットを達成。さらに13年6月より青山ZEROにて新パーティ『Tree』を始動するなど 精力的に活動を続ける。音楽のかけ方、音楽そのものの表現方法を知っている世界の至宝。

 

Time Out Tokyoより転載

...続きはコチラへ

 

ピアノ音楽専門誌 月刊ショパン
声楽・合唱・オペラの雑誌 ハンナ

 

Facebookで更新情報をチェック!